小澤啓子さん

福島県古殿町出身。
自家産米を使って郷土食の掘り起こしや伝承、商品化に取り組む。米の知識を深めようと、文献を読んだり加工技術の習得に努めた。県立農業短期大学校の研修で伝統食を学んだとき、とても興味を引かれた。2009年に調理師免許を取得し、翌年4月に「郷土料理研究室ふるさと工房おざわふぁーむ」を開設。町内にある「道の駅ふるどの・おふくろの駅」に、米を使った加工食品を出品する。米を練って油で揚げた甘辛しょうゆ味の菓子「あげまんま」や、米粉と寒天で作った「さくら舞い」など多彩にそろえる。